業者に依頼すべき排水管の水漏れなどのトラブル

水回りのトラブルは、基本的に業者に修理の依頼をする事が多くなります。ただ、自分が対処できるトラブルならば、全て自分で対処できるのかというと絶対にそうという訳ではありません。自分で対処できるとされているトラブルであっても、場合によっては業者にトラブルの解決を依頼しなくてはいけません。では、どういった場合は業者に依頼しなくてはいけないのでしょうか。

■複数の排水管から水漏れが起きている

複数の排水管から同時に水漏れが起きているという場合、排水管そのものの劣化である可能性があるため、交換をする事になる場合も考えられるので業者に依頼した方が良いでしょう。
パッキンなどが劣化していたとしても、複数の場所で同時にトラブルが起きるという事は考えにくいため、それ以外の原因があると考えられますから専門知識のある業者にきちんと原因を確かめてもらった方が良いです。

■詰まりがいつまでたっても解消しない場合

トイレなどの排水管が詰まってしまい、そのままどれだけ時間が経ったりラバーカップなどを使ってみても詰まりが解消せず、水漏れも起こり始めたという場合は、排水管の奥が詰まっている可能性があるため、業者に対応してもらう必要があります。トイレやお風呂の詰まりは複雑な原因である事も多いので、ラバーカップや時間経過などの対処をしても直らない時は業者に依頼しなくてはいけません。

■まとめ
トイレの水漏れなどのトラブルが起きた時、費用を抑えたいからと自分で対処したせいで余計に事態が悪化してしまう事も少なくありません。自分で可能な対処はあくまで応急処置的な対処である場合がほとんどですから、基本的には業者に修理の依頼をするようにした方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ