排水管の水漏れトラブルの原因は

トイレの排水管などにトラブルが起きた際、その原因として考えられるものが何なのか知っておく必要があります。原因として考えられるものはいくつかあり、原因を知っておけばトラブルが起きた時に確認しやすくなりますし、原因が分かる事でスムーズな工事が期待できるだけでなく、自分で対処できるかどうかの判断をする際にも役立ちます。

■トイレに流せない物を流した

トイレの排水管で水漏れなどのトラブルが起きた場合、その原因のひとつとして考えられるのが本来トイレに流せない物を流してしまったというものです。
例えば子供の玩具、水に溶けにくく排水管よりも大きい紙おむつなど、本来流してはいけない物を流した事で、排水管が詰まってしまい破損してしまうという事があります。玩具などを流してしまった後でトイレ 水漏れが起きた場合は、それが原因であるかもしれないと考えるのが妥当です。

■経年劣化による破損など

排水管の多くは金属で作られているため、時間が経過する事で錆びてしまったり、繋ぎ目の部分が緩んでしまってそこから水漏れが起きるという事があります。築年数の多いお住まいの場合、排水管などが建てられた時のままになっている事が多く、経年劣化による破損からトラブルが起きる可能性が高くなっています。もし築年数の多い建物にお住まいの場合は、排水管などの確認をしておくと良いでしょう。

■まとめ
トイレなどで水漏れが起きた場合、これらの原因が考えられます。原因が分かっていると、修理の依頼をする時にも業者側が準備しやすくなりますから、原因の確認をするためにもどういった原因があるのかを知っておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ